FC2ブログ

筍の世界

このブログはネットとリアルを行き来する男の日記みたいなものです
基本的に日常生活での出来事を淡々と書くだけです
見ている人にまったりとした時間が流れますように・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

千日詣

どうも

今日は千日詣に愛宕山へ行ってきました


長くなるので続きからへどうぞ



まずは、愛宕山とはどういうところかってところからおさらいですね

愛宕山(あたごやま・あたごさん)
山頂は京都市に所在するが、約1.5km西に市境があり、山体は亀岡市にまたがる。標高924m。三等三角点「愛宕」(890.06m)は山頂の北方約400mの地点に所在する[1]。

京都盆地の西北にそびえ、京都盆地東北の比叡山と並び古くより信仰対象の山とされた。神護寺などの寺社が愛宕山系の高雄山にある。山頂には愛宕神社があり、古来より火伏せの神様として京都の住民の信仰を集め、全国各地にも広がっている(愛宕権現参照)。亀岡市側の登山口にも「元愛宕」と呼ばれる愛宕神社がある。

本能寺の変の直前に明智光秀が愛宕神社を参詣し愛宕百韻を詠んだことでも知られる。亀岡市から愛宕山への登山道は光秀が通ったことから「明智越え」と呼ばれている。

昭和初期には愛宕神社参詣の足として愛宕山鉄道が山上までのケーブルカーを敷設し、あわせてホテルや遊園地もある愛宕山遊園地が開かれ、観光客で賑わった。しかし世界恐慌や戦争の影響で客足が落ち、太平洋戦争末期にはケーブルカーが不要不急線として廃線になり遊園地やホテルも閉鎖された。これらは戦後再開されることが無かった。

(引用-Wikipedia)

とまぁ、こういう感じのところです

入り口から頂上の神社までは約4km、そうきつい道のりではありませんね

ちなみに私は4年連続で行っているのでまぁ、どんなもんか知ってますし。

120731_1132~02

まぁ、途中で土砂崩れが起きていたりしてましたが全然問題ありませんでした

この前の集中豪雨で崩れちゃったようです。

幅としては1.5mあるか無いかくらいの道になってました

まぁ、あと
120731_1051~01

こんなんとか…

よく豪雨で崩れませんでしたねって思いました。自然の力ってすごいです

ちなみに何年も前からこの状態だったらしくオバチャンたちもびっくりしてました

登るのに必死で全然写真は撮れませんでした…。気づいて撮ったのがこの一枚。
120731_1132~01

京都が一応見える!ってだけなんですけど写メじゃどうしても見づらいですね。

かかった時間は往復で7時間。まぁ、妹とか一緒だったのでね。

普段は3~4時間で往復してきます。まぁ京都の中学校の陸上部とかはこれを走るんですよ

マジキチです

で、千日詣とは何をするのかといいますと。

3歳になる子供を登らせることによって一生火に関する災難に遭わない

こういうご利益があるんです。ちなみに私達が登っても1000日のご利益があるらしいです

愛宕山自体が火の要慎の神様らしいので火の用心の御札を買って帰るんですよ。

とまぁ、簡単に説明ですね。

ちなみに京都人にはかなりメジャーなイベントで

夜中になると人がいっぱいで前の人のケツをみて登ることになります。

若い人や幼女、70過ぎたおバァちゃんのような人も登ります。

まぁ、京都に7月31日にきたならば、一度登ってみてはいかがでしょう?

ご利益、ありますよー?ww

あぁ、明日バイトだけど筋肉痛大丈夫かなぁ(´・ω・`)

とまぁ、今日はこのへんで!
スポンサーサイト
その他・日常生活 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<なんかなー | ホーム | まどマギオンラインβテスト>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

<<<

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。